上達法

2017年8月26日 (土)

絶対!100切りプロジェクト

絶対!100切りプロジェクト



絶対!100切りプロジェクト
3つの原因(練習の仕方・コースマネジメント・コースの罠を回避)さえ、
しっかりクリアすれば100を切るのは簡単です。

あなたが今まで100を切れなかったのは、
3つの原因に沿った解決プログラムがどこにも存在しなかったからです。

あなたは実際に実行することで5ラウンド以内に100を切り、 100以上を叩くことがなくなることも可能でしょう。

これからは絶対!100切りプロジェクト以外のレッスン書やDVDはもう購入する必要はないでしょう。

100切り達成に必要なもの全て収録していますので、
あなたは絶対!100切りプロジェクトに沿って練習やラウンドでの考え方を学ぶだけです。


>>>絶対!100切りプロジェクト










2017年8月24日 (木)

【Vol.6~10】ソフトボール強豪チームの練習メニュー拝見!ソフ研「取材シリーズ」セット







ソフトボール強豪チームの練習メニュー拝見!ソフ研「取材シリーズ」セット Vol.6~10


いつもと同じ、マンネリの練習法になっていませんか?

ワンパターンの練習法では選手も楽しめません。

そこで、ソフトボール上達練習法研究会が数々の名チームの生の練習方法を取材しました。

今日から取り入れられる多彩な練習方法で、めきめき実力アップを目指す。

そんな実践的なソフ研取材シリーズがお得なセットになりました。





>>>【Vol.6~10】ソフトボール強豪チームの練習メニュー拝見!ソフ研「取材シリーズ」セット


















2017年8月23日 (水)

津村泰彦のおしゃれなソロウクレレ講座Vol.1セット














おおまかにこの3ステップで解説していきます。

これだけ丁寧に解説されれば、ワンランク上のレベルに上達できます。



「ラダー譜を使ってウクレレソロをギター並みにカッコよく弾きこなせるようになる!」

というコンセプトで、更には色々なテクニックやアイデアを盛り込みました。



自分でもかなり自信作に仕上がったと思っています!





その内容の一部を紹介すると・・・



とにかくレッスンの通りに毎日10分でもいいので練習してみてください。

日に日に上達していく実感が湧いてきます。

そして、どんどん次のレッスンへ進みたくなります。

あなたが気づいた時には1曲弾けてしまうのがこの講義の秘訣です。



一般的な『音符を並べてあるだけ』というほとんどの人が理解できない譜面は私の中では譜面とは呼びません。

ラダー譜は絵本を見る感覚で楽しみながら演奏の基礎が学べます。

無理に頭の中に音楽の知識を詰め込むことなく、楽しく知識をグングン吸収できます。



上級者になってくると、運指のテクニックもちょっぴり難しくなってきます。

基本を踏まえた運指工学。このフェーズを習得すれば演奏がよりスムーズに行くはずです。



Dmの和音で「レ」と「ファ」の間に「ミ」(Dから数えて2番目の音)を挟んで入れる事で不安定な不思議な響きを表現。

不安定な音Dm2はDmに解決(落ち着き)したがる事になり、何とも不思議で独創的な音を醸し出します。

これを行うだけで相当に曲の雰囲気が出るので是非学んでみてください。



シンプル目に弾く所、ノリを加えて弾くところで強弱を付ける方法を紹介。

こちらの演奏方法を行えば、どんな曲もダイナミックで生き生きとした演奏に聴こえます。



一本の指で複数弦を押さえるのにはちょっとしたコツが有ります。

特に指が短かったり、手が小さい人は必見。

これをマスターするだけで運指はスムーズになりますし、音のつなぎ目も綺麗に仕上がります。







軸とする指、とっても大事な指というものが運指の世界ではあります。

この命の指を上手に使いこなす秘訣を公開します。



ここではリバースピッキングという弦の弾き方を説明します。

難しいですが、普通にはじいただけとは比べ物にならない位の音の深みをもたらしますので是非とも習得して下さい!



私、津村泰彦がおすすめするウクレレ独自練習法があります。

この方法は公にはあまりお教えしてませんが、コツコツ積み重ねれば毎日ウクレレを持つたびに上達が目に見えて分かるようになります。



曲をスムーズに弾く上で、運指というものは物凄く重要になってきます。

そこで、運指工学に基づいた負担なく、なるべく動きを少なく指をスムーズに移動させる方法を曲中で公開します。



指の瞬発力を上げて、実際に体を使って覚えるやりかたを教えます。

指が自動的に覚えているので、譜面を見なくても曲が弾ける様になってしまうはずです。



今までウクレレソロを習ってきた人はうまくいかない方法で練習してしまっています。

正しい練習の仕方、コツコツ日ごとに上達が実感できる練習法をお教えします。



ウクレレ耳、ウクレレ脳を習得しさえすればあなたもウクレリストの仲間入りです。

これは一体どういうこと?どうやってウクレレ耳を作るのか?

その鍛え方を初公開します。



必ずぶつかる壁があります。しかし、その苦手ポイントを潰していくだけで、どんな場面でもどんな運指も出来るようになります。

あなたもこれで苦手克服できるでしょう。







ウクレレ弦の弾きでポーンと詰まったような音をたまに出していませんか?

それは正しいはじき方で正しい場所をはじいてないからです。

一番綺麗な音色を出す弦のはじき方、鳴らし方をお教えします。



スローな雰囲気のウクレレですが、アップテンポな曲もコツを掴めばかっこよく弾けます。

しかし、一歩間違えると、せっかくの音色の雰囲気が台無しになってしまいます。

アップテンポで弾くコツをお伝えしますので是非習得してくださいね。



基本はウクレレソロですが、ちょっとした詩を挟んで滑らかに演奏するのも雰囲気がでて良いです。

基本はウクレレソロなので番外編のくくりですが、私からするとレアな演奏法なので楽しみながら見てみてください^^



「スライド奏法」

単音(1つの音)または和音(2つ以上の音が同時に鳴る場合)で一回のみの撥弦(弦をはじいて音を出す事)で音程(音の低さや高さ)を変化させる奏法。音を出し押さえた指だけをスライドさせて音程を変化させる技法。



「フェルマータ」

現時点の音を維持しつつ指揮者を見なさいと言う意味。

独奏(1人での演奏)の場合は指揮者は演奏者自身なので音の長さは奏者に委ねられます。

通常「ア・テンポ」と言う記号でフェルマータ以前のテンポ(拍子の速さ)に戻される。

一般的には出来るだけ音を伸ばし維持する。と理解されています。



「ハーモニクス」

異なった音色(倍音)が発生するよう撥弦(はつげん)する。

倍音奏法とも言うフラジオレットの英語における表現。

弦の長さの2分の1に2倍音、3分の1に3倍音がありフレットの真上を触れる程度の押さえ方で撥弦すると得られる音色。



和音上の1番高い音をトップノートと言いますが、多くの場合、メロディ(旋律)をトップノートに設定するため、「メロディをしっかりと出す様に撥弦する」と理解出来ます。

これを使った演奏をレッスンにて解説していきます。

「こんなにウクレレをカッコよく弾けるなんて思わなかった!」



あなたは、このレッスン通りに練習していくだけで、どんどん名曲が弾けるようになり、数カ月後には自分のウクレレをスラスラと演奏している姿に驚くはずです。

短期間で名曲をあなた自身の手で自由自在に弾きこなし、今まで味わったことのない感動を得られるでしょう。



ウクレレが奏でる非日常的な空間、音色が癒してくれる心の喜びを体の芯から実感できるはずです。





>>>津村泰彦のおしゃれなソロウクレレ講座Vol.1セット































津村泰彦のおしゃれなソロウクレレ講座Vol.2セット






おおまかにこの3ステップで解説していきます。
これだけ丁寧に解説されれば、ワンランク上のレベルに上達できます。

「ラダー譜を使ってウクレレソロをギター並みにカッコよく弾きこなせるようになる!」
というコンセプトで、更には色々なテクニックやアイデアを盛り込みました。

自分でもかなり自信作に仕上がったと思っています!


その内容の一部を紹介すると・・・

とにかくレッスンの通りに毎日10分でもいいので練習してみてください。
日に日に上達していく実感が湧いてきます。
そして、どんどん次のレッスンへ進みたくなります。
あなたが気づいた時には1曲弾けてしまうのがこの講義の秘訣です。

一般的な『音符を並べてあるだけ』というほとんどの人が理解できない譜面は私の中では譜面とは呼びません。
ラダー譜は絵本を見る感覚で楽しみながら演奏の基礎が学べます。
無理に頭の中に音楽の知識を詰め込むことなく、楽しく知識をグングン吸収できます。

上級者になってくると、運指のテクニックもちょっぴり難しくなってきます。
基本を踏まえた運指工学。このフェーズを習得すれば演奏がよりスムーズに行くはずです。

Dmの和音で「レ」と「ファ」の間に「ミ」(Dから数えて2番目の音)を挟んで入れる事で不安定な不思議な響きを表現。
不安定な音Dm2はDmに解決(落ち着き)したがる事になり、何とも不思議で独創的な音を醸し出します。
これを行うだけで相当に曲の雰囲気が出るので是非学んでみてください。

シンプル目に弾く所、ノリを加えて弾くところで強弱を付ける方法を紹介。
こちらの演奏方法を行えば、どんな曲もダイナミックで生き生きとした演奏に聴こえます。

一本の指で複数弦を押さえるのにはちょっとしたコツが有ります。
特に指が短かったり、手が小さい人は必見。
これをマスターするだけで運指はスムーズになりますし、音のつなぎ目も綺麗に仕上がります。



軸とする指、とっても大事な指というものが運指の世界ではあります。
この命の指を上手に使いこなす秘訣を公開します。

ここではリバースピッキングという弦の弾き方を説明します。
難しいですが、普通にはじいただけとは比べ物にならない位の音の深みをもたらしますので是非とも習得して下さい!

私、津村泰彦がおすすめするウクレレ独自練習法があります。
この方法は公にはあまりお教えしてませんが、コツコツ積み重ねれば毎日ウクレレを持つたびに上達が目に見えて分かるようになります。

曲をスムーズに弾く上で、運指というものは物凄く重要になってきます。
そこで、運指工学に基づいた負担なく、なるべく動きを少なく指をスムーズに移動させる方法を曲中で公開します。

指の瞬発力を上げて、実際に体を使って覚えるやりかたを教えます。
指が自動的に覚えているので、譜面を見なくても曲が弾ける様になってしまうはずです。

今までウクレレソロを習ってきた人はうまくいかない方法で練習してしまっています。
正しい練習の仕方、コツコツ日ごとに上達が実感できる練習法をお教えします。

ウクレレ耳、ウクレレ脳を習得しさえすればあなたもウクレリストの仲間入りです。
これは一体どういうこと?どうやってウクレレ耳を作るのか?
その鍛え方を初公開します。

必ずぶつかる壁があります。しかし、その苦手ポイントを潰していくだけで、どんな場面でもどんな運指も出来るようになります。
あなたもこれで苦手克服できるでしょう。



ウクレレ弦の弾きでポーンと詰まったような音をたまに出していませんか?
それは正しいはじき方で正しい場所をはじいてないからです。
一番綺麗な音色を出す弦のはじき方、鳴らし方をお教えします。

スローな雰囲気のウクレレですが、アップテンポな曲もコツを掴めばかっこよく弾けます。
しかし、一歩間違えると、せっかくの音色の雰囲気が台無しになってしまいます。
アップテンポで弾くコツをお伝えしますので是非習得してくださいね。

基本はウクレレソロですが、ちょっとした詩を挟んで滑らかに演奏するのも雰囲気がでて良いです。
基本はウクレレソロなので番外編のくくりですが、私からするとレアな演奏法なので楽しみながら見てみてください^^

「スライド奏法」
単音(1つの音)または和音(2つ以上の音が同時に鳴る場合)で一回のみの撥弦(弦をはじいて音を出す事)で音程(音の低さや高さ)を変化させる奏法。音を出し押さえた指だけをスライドさせて音程を変化させる技法。

「フェルマータ」
現時点の音を維持しつつ指揮者を見なさいと言う意味。
独奏(1人での演奏)の場合は指揮者は演奏者自身なので音の長さは奏者に委ねられます。
通常「ア・テンポ」と言う記号でフェルマータ以前のテンポ(拍子の速さ)に戻される。
一般的には出来るだけ音を伸ばし維持する。と理解されています。

「ハーモニクス」
異なった音色(倍音)が発生するよう撥弦(はつげん)する。
倍音奏法とも言うフラジオレットの英語における表現。
弦の長さの2分の1に2倍音、3分の1に3倍音がありフレットの真上を触れる程度の押さえ方で撥弦すると得られる音色。

和音上の1番高い音をトップノートと言いますが、多くの場合、メロディ(旋律)をトップノートに設定するため、「メロディをしっかりと出す様に撥弦する」と理解出来ます。
これを使った演奏をレッスンにて解説していきます。
「こんなにウクレレをカッコよく弾けるなんて思わなかった!」

あなたは、このレッスン通りに練習していくだけで、どんどん名曲が弾けるようになり、数カ月後には自分のウクレレをスラスラと演奏している姿に驚くはずです。
短期間で名曲をあなた自身の手で自由自在に弾きこなし、今まで味わったことのない感動を得られるでしょう。

ウクレレが奏でる非日常的な空間、音色が癒してくれる心の喜びを体の芯から実感できるはずです。


>>>津村泰彦のおしゃれなソロウクレレ講座Vol.2セット















津村泰彦のおしゃれなソロウクレレ講座Vol.3セット














おおまかにこの3ステップで解説していきます。

これだけ丁寧に解説されれば、ワンランク上のレベルに上達できます。



「ラダー譜を使ってウクレレソロをギター並みにカッコよく弾きこなせるようになる!」

というコンセプトで、更には色々なテクニックやアイデアを盛り込みました。



自分でもかなり自信作に仕上がったと思っています!





その内容の一部を紹介すると・・・



とにかくレッスンの通りに毎日10分でもいいので練習してみてください。

日に日に上達していく実感が湧いてきます。

そして、どんどん次のレッスンへ進みたくなります。

あなたが気づいた時には1曲弾けてしまうのがこの講義の秘訣です。



一般的な『音符を並べてあるだけ』というほとんどの人が理解できない譜面は私の中では譜面とは呼びません。

ラダー譜は絵本を見る感覚で楽しみながら演奏の基礎が学べます。

無理に頭の中に音楽の知識を詰め込むことなく、楽しく知識をグングン吸収できます。



上級者になってくると、運指のテクニックもちょっぴり難しくなってきます。

基本を踏まえた運指工学。このフェーズを習得すれば演奏がよりスムーズに行くはずです。



Dmの和音で「レ」と「ファ」の間に「ミ」(Dから数えて2番目の音)を挟んで入れる事で不安定な不思議な響きを表現。

不安定な音Dm2はDmに解決(落ち着き)したがる事になり、何とも不思議で独創的な音を醸し出します。

これを行うだけで相当に曲の雰囲気が出るので是非学んでみてください。



シンプル目に弾く所、ノリを加えて弾くところで強弱を付ける方法を紹介。

こちらの演奏方法を行えば、どんな曲もダイナミックで生き生きとした演奏に聴こえます。



一本の指で複数弦を押さえるのにはちょっとしたコツが有ります。

特に指が短かったり、手が小さい人は必見。

これをマスターするだけで運指はスムーズになりますし、音のつなぎ目も綺麗に仕上がります。







軸とする指、とっても大事な指というものが運指の世界ではあります。

この命の指を上手に使いこなす秘訣を公開します。



ここではリバースピッキングという弦の弾き方を説明します。

難しいですが、普通にはじいただけとは比べ物にならない位の音の深みをもたらしますので是非とも習得して下さい!



私、津村泰彦がおすすめするウクレレ独自練習法があります。

この方法は公にはあまりお教えしてませんが、コツコツ積み重ねれば毎日ウクレレを持つたびに上達が目に見えて分かるようになります。



曲をスムーズに弾く上で、運指というものは物凄く重要になってきます。

そこで、運指工学に基づいた負担なく、なるべく動きを少なく指をスムーズに移動させる方法を曲中で公開します。



指の瞬発力を上げて、実際に体を使って覚えるやりかたを教えます。

指が自動的に覚えているので、譜面を見なくても曲が弾ける様になってしまうはずです。



今までウクレレソロを習ってきた人はうまくいかない方法で練習してしまっています。

正しい練習の仕方、コツコツ日ごとに上達が実感できる練習法をお教えします。



ウクレレ耳、ウクレレ脳を習得しさえすればあなたもウクレリストの仲間入りです。

これは一体どういうこと?どうやってウクレレ耳を作るのか?

その鍛え方を初公開します。



必ずぶつかる壁があります。しかし、その苦手ポイントを潰していくだけで、どんな場面でもどんな運指も出来るようになります。

あなたもこれで苦手克服できるでしょう。







ウクレレ弦の弾きでポーンと詰まったような音をたまに出していませんか?

それは正しいはじき方で正しい場所をはじいてないからです。

一番綺麗な音色を出す弦のはじき方、鳴らし方をお教えします。



スローな雰囲気のウクレレですが、アップテンポな曲もコツを掴めばかっこよく弾けます。

しかし、一歩間違えると、せっかくの音色の雰囲気が台無しになってしまいます。

アップテンポで弾くコツをお伝えしますので是非習得してくださいね。



基本はウクレレソロですが、ちょっとした詩を挟んで滑らかに演奏するのも雰囲気がでて良いです。

基本はウクレレソロなので番外編のくくりですが、私からするとレアな演奏法なので楽しみながら見てみてください^^



「スライド奏法」

単音(1つの音)または和音(2つ以上の音が同時に鳴る場合)で一回のみの撥弦(弦をはじいて音を出す事)で音程(音の低さや高さ)を変化させる奏法。音を出し押さえた指だけをスライドさせて音程を変化させる技法。



「フェルマータ」

現時点の音を維持しつつ指揮者を見なさいと言う意味。

独奏(1人での演奏)の場合は指揮者は演奏者自身なので音の長さは奏者に委ねられます。

通常「ア・テンポ」と言う記号でフェルマータ以前のテンポ(拍子の速さ)に戻される。

一般的には出来るだけ音を伸ばし維持する。と理解されています。



「ハーモニクス」

異なった音色(倍音)が発生するよう撥弦(はつげん)する。

倍音奏法とも言うフラジオレットの英語における表現。

弦の長さの2分の1に2倍音、3分の1に3倍音がありフレットの真上を触れる程度の押さえ方で撥弦すると得られる音色。



和音上の1番高い音をトップノートと言いますが、多くの場合、メロディ(旋律)をトップノートに設定するため、「メロディをしっかりと出す様に撥弦する」と理解出来ます。

これを使った演奏をレッスンにて解説していきます。

「こんなにウクレレをカッコよく弾けるなんて思わなかった!」



あなたは、このレッスン通りに練習していくだけで、どんどん名曲が弾けるようになり、数カ月後には自分のウクレレをスラスラと演奏している姿に驚くはずです。

短期間で名曲をあなた自身の手で自由自在に弾きこなし、今まで味わったことのない感動を得られるでしょう。



ウクレレが奏でる非日常的な空間、音色が癒してくれる心の喜びを体の芯から実感できるはずです。





>>>津村泰彦のおしゃれなソロウクレレ講座Vol.3セット
































津村泰彦のおしゃれなソロウクレレ講座Vol.4セット














おおまかにこの3ステップで解説していきます。

これだけ丁寧に解説されれば、ワンランク上のレベルに上達できます。



「ラダー譜を使ってウクレレソロをギター並みにカッコよく弾きこなせるようになる!」

というコンセプトで、更には色々なテクニックやアイデアを盛り込みました。



自分でもかなり自信作に仕上がったと思っています!





その内容の一部を紹介すると・・・



とにかくレッスンの通りに毎日10分でもいいので練習してみてください。

日に日に上達していく実感が湧いてきます。

そして、どんどん次のレッスンへ進みたくなります。

あなたが気づいた時には1曲弾けてしまうのがこの講義の秘訣です。



一般的な『音符を並べてあるだけ』というほとんどの人が理解できない譜面は私の中では譜面とは呼びません。

ラダー譜は絵本を見る感覚で楽しみながら演奏の基礎が学べます。

無理に頭の中に音楽の知識を詰め込むことなく、楽しく知識をグングン吸収できます。



上級者になってくると、運指のテクニックもちょっぴり難しくなってきます。

基本を踏まえた運指工学。このフェーズを習得すれば演奏がよりスムーズに行くはずです。



Dmの和音で「レ」と「ファ」の間に「ミ」(Dから数えて2番目の音)を挟んで入れる事で不安定な不思議な響きを表現。

不安定な音Dm2はDmに解決(落ち着き)したがる事になり、何とも不思議で独創的な音を醸し出します。

これを行うだけで相当に曲の雰囲気が出るので是非学んでみてください。



シンプル目に弾く所、ノリを加えて弾くところで強弱を付ける方法を紹介。

こちらの演奏方法を行えば、どんな曲もダイナミックで生き生きとした演奏に聴こえます。



一本の指で複数弦を押さえるのにはちょっとしたコツが有ります。

特に指が短かったり、手が小さい人は必見。

これをマスターするだけで運指はスムーズになりますし、音のつなぎ目も綺麗に仕上がります。







軸とする指、とっても大事な指というものが運指の世界ではあります。

この命の指を上手に使いこなす秘訣を公開します。



ここではリバースピッキングという弦の弾き方を説明します。

難しいですが、普通にはじいただけとは比べ物にならない位の音の深みをもたらしますので是非とも習得して下さい!



私、津村泰彦がおすすめするウクレレ独自練習法があります。

この方法は公にはあまりお教えしてませんが、コツコツ積み重ねれば毎日ウクレレを持つたびに上達が目に見えて分かるようになります。



曲をスムーズに弾く上で、運指というものは物凄く重要になってきます。

そこで、運指工学に基づいた負担なく、なるべく動きを少なく指をスムーズに移動させる方法を曲中で公開します。



指の瞬発力を上げて、実際に体を使って覚えるやりかたを教えます。

指が自動的に覚えているので、譜面を見なくても曲が弾ける様になってしまうはずです。



今までウクレレソロを習ってきた人はうまくいかない方法で練習してしまっています。

正しい練習の仕方、コツコツ日ごとに上達が実感できる練習法をお教えします。



ウクレレ耳、ウクレレ脳を習得しさえすればあなたもウクレリストの仲間入りです。

これは一体どういうこと?どうやってウクレレ耳を作るのか?

その鍛え方を初公開します。



必ずぶつかる壁があります。しかし、その苦手ポイントを潰していくだけで、どんな場面でもどんな運指も出来るようになります。

あなたもこれで苦手克服できるでしょう。







ウクレレ弦の弾きでポーンと詰まったような音をたまに出していませんか?

それは正しいはじき方で正しい場所をはじいてないからです。

一番綺麗な音色を出す弦のはじき方、鳴らし方をお教えします。



スローな雰囲気のウクレレですが、アップテンポな曲もコツを掴めばかっこよく弾けます。

しかし、一歩間違えると、せっかくの音色の雰囲気が台無しになってしまいます。

アップテンポで弾くコツをお伝えしますので是非習得してくださいね。



基本はウクレレソロですが、ちょっとした詩を挟んで滑らかに演奏するのも雰囲気がでて良いです。

基本はウクレレソロなので番外編のくくりですが、私からするとレアな演奏法なので楽しみながら見てみてください^^



「スライド奏法」

単音(1つの音)または和音(2つ以上の音が同時に鳴る場合)で一回のみの撥弦(弦をはじいて音を出す事)で音程(音の低さや高さ)を変化させる奏法。音を出し押さえた指だけをスライドさせて音程を変化させる技法。



「フェルマータ」

現時点の音を維持しつつ指揮者を見なさいと言う意味。

独奏(1人での演奏)の場合は指揮者は演奏者自身なので音の長さは奏者に委ねられます。

通常「ア・テンポ」と言う記号でフェルマータ以前のテンポ(拍子の速さ)に戻される。

一般的には出来るだけ音を伸ばし維持する。と理解されています。



「ハーモニクス」

異なった音色(倍音)が発生するよう撥弦(はつげん)する。

倍音奏法とも言うフラジオレットの英語における表現。

弦の長さの2分の1に2倍音、3分の1に3倍音がありフレットの真上を触れる程度の押さえ方で撥弦すると得られる音色。



和音上の1番高い音をトップノートと言いますが、多くの場合、メロディ(旋律)をトップノートに設定するため、「メロディをしっかりと出す様に撥弦する」と理解出来ます。

これを使った演奏をレッスンにて解説していきます。

「こんなにウクレレをカッコよく弾けるなんて思わなかった!」



あなたは、このレッスン通りに練習していくだけで、どんどん名曲が弾けるようになり、数カ月後には自分のウクレレをスラスラと演奏している姿に驚くはずです。

短期間で名曲をあなた自身の手で自由自在に弾きこなし、今まで味わったことのない感動を得られるでしょう。



ウクレレが奏でる非日常的な空間、音色が癒してくれる心の喜びを体の芯から実感できるはずです。





>>>津村泰彦のおしゃれなソロウクレレ講座Vol.4セット


































2017年8月12日 (土)

強者に勝つ!弱者が0から実績を作る方法

1.ここが違う

例えばアナウンサーの方等が、大物政治家や芸能人にインタビューをした経験を基に、

「アナウンサー直伝、聞き上手になる方法」
「アナウンサーが教える、聞き上手になって成功する方法」

といったセミナーがあります。

アナウンサーであればTV局の肩書があり、TV局という巨大な組織がバックについてたからこそ「格上の存在」たる有名人がインタビューに応じてくれるのです。

皆様には当然、そんな肩書、あるいは強力なバックは存在しません。

現在は講師となった(あるいは講師と兼業している)先生方はその背景についてきちんとした説明をされていましたか?
あるいは「アナウンサーを辞めた途端、マスコミ関係者の肩書が使えなくて苦労した」といった話をされた方はいらっしゃいましたか?
2.ここが違う

「偏差値20アップ」
「テストの成績トップ」
もしこのような「テストの成績」「学歴」をアピールしたらどうでしょうか?基本的に良い評価はされないでしょう。


>>>強者に勝つ!弱者が0から実績を作る方法



一方、
「年収10倍アップ」
「トップセールス」
この場合、どうでしょうか?おそらく多くの場合、よい評価をされます。

多くのセミナーは学歴を評価しない、あるいは過小評価する一方、「収入」あるいは「営業成績」を過大評価する傾向にあります。

言い方を変えれば「それしか評価することができない」

もっといってしまいますと「視野が狭い」のです。

むろん学歴だけが全てではありませんし、収入や営業成績の秀でた人は一定の評価に値します。

しかしある分野でしか人を評価しない...そんな視野の狭い人達に振り回され、自分自身を活かす方法を間違っていないでしょうか?

3.ここが違う

セミナー講師の多くは最初から「成功者」。

いわば「チート」状態です。

*チート...(ゲーム等で)有り得ないようなデータやステータス状態でプレーすること。またはそのキャラクター等。(例 それって「チートキャラ」だろ)

このマニュアルの作成者はそのような状態ではありません。

皆様と全く同じ。

もしかしたら、セミナーで「隣の席で名刺交換をした、全く印象に残らない人」であるということです。

4.ここが違う

「年収10倍アップ」
「トップセールス」
「元アナウンサー」
「出版関係者」

このような肩書を引っ提げ、満を持して実績作りを目指す。

これらはいわば「強者の戦略」です。

強者の戦略、ビジネスの世界では1%に満たない大手企業や業界トップの企業のみが許される手法です。

ほとんどの人は参考にならない。にもかかわらず、多くのセミナーではこのような方法が正しいとされ、その方法を「伝授」されます。

日本の企業の99%が中小企業であるように、私自身も含め皆様の多くが同じ立場、すなわち「弱者」です。

したがってその手法も「弱者の戦略」による必要があります。

このマニュアルは多くのセミナーによって伝えられる「強者の戦略」ではありません。

多くの方々が必要としている、「弱者の戦略」に基づいたものです。


>>>強者に勝つ!弱者が0から実績を作る方法








2017年8月10日 (木)

スターターオブイングリッシュ 今まで誰も教えてくれなかった21世紀の超やさしい英語習得法!








スターターオブイングリッシュは今までにない、最速・最短・即効性のある英語教材です。



スターターオブイングリッシュは、英語が全然使えなかった私が、高年齢にもかかわらず語学留学し、英語が使えない様々な「見えない壁」を分析・消化、晴れて英語が使えるようになるまでの「気づきの数々」をご紹介しております。



要するに、「海外留学で何を学んで」英語が使えるようになるのか、というところをマインド編という形でまとめました。



私の意見としましては、日本人にとって必要だったのは、さらなる勉強ではなく、英語圏における「協調性の感覚」です!



この教材は、試験に合格するための教材ではなく、そんな英語圏での「協調性の感覚」をしっかっりと持っていただき、



さらには、そんな新しい気持ちをそのまま楽しんでいただけるような、究極クラスに「無駄の無い」学習プランがセットになっています。








>>>スターターオブイングリッシュ 今まで誰も教えてくれなかった21世紀の超やさしい英語習得法!
















2017年8月 5日 (土)

シナリオ式イメージング法


「引き寄せの法則」がここ数年最近ブームです。

この法則を使えば、「自分が望むものを引き寄せることができる」というものです。

この法則を使い、自分が望むものを引き寄せるとき鍵となるポイントはいくつかありますが、一番大きなポイントは、「イメージです」



例えば、「素敵な家に住みたい」という願望を持ち、これを引き寄せの法則を使い手に入れようとします。



このとき、どのような家に住みたいのかを具体的にしてイメージする必要があります。

以降「イメージする」ことをイメージングと呼びます。



例えば次のことを明確にする必要があります。

・場所は?

・どのような外観のデザイン?

・色は?

・周りの雰囲気は?

・空気の匂いは?

・住んでいる自分はどんな感じ?



これらのことを明確にしてイメージします。

リアルにイメージすればするほどそれが具現化するスピードは速くなります。

しかし、イメージすると言っても具体的にどのようにイメージすればいいのかわからない人が多いのが実情です。

おそらくほとんどの人は、「1枚の写真のようにイメージする」と思うのですが、これはやってみるとわかりますが、難しいものがあります。静止画をイメージするのは難しいのです。

では、動画でイメージすればいいのかというとこれもなかなか難しいものがあります。

そこで私が考案したのが、動画のシナリオを作成し、そのシナリオに沿ってイメージングを行うというものです。

この方法であればあらかじめイメージする光景が細かく決まっているのでブレの少ないイメージングを行うことができます。



私はこのイメージング方法を使いあらゆるものを引き寄せてきました。

またこの方法を実践して自分の望むものを手にした人もたくさんいます。

叶えたい「夢」「願望」「目標」があるならぜひこのイメージング法を実践してみてください。

「夢」「願望」「目標」が現実のものとなるスピードがぐんと速くなります。







>>>シナリオ式イメージング法





















2017年7月29日 (土)

セルフイメージを書き換え、現実を変えるオーディオセミナー、【Make Yourself Active ~行動する自分を創る~】引き寄せの法則、超実践的メソッド!



このオーディオセミナー本編は、5つの音声ファイルで構成されています。
合計時間は約213分、しかも、オーディオセ ミナーのためだけに収録した音声なので、ムダな部分が一切なく、情報量的にはかなり密度の濃い内容となっています。


【セミナー本編内容】

セミナー音源 その1
Introduction ~はじめに~
6分38秒

この音声では、ご挨拶とともに、このオーディオセミナーを聴く上で、注意すべきポイント、意識を向けるべきポイントを語っています。短いですが、ここで 語っていることをきちんと自覚しておくだけで、学習効果は恐らく数十倍には上がりま す。


このオーディオセミナー以外にも応用のきくことなので、是非とも、自分の習慣に採り入れてみてください。



セミナー音源 その2
power of decision ~決意のパワーで現実を変える~
44分38秒

セルフイメージの書き換え、そして現実に変化を起こす上で、最初のステップとなる” 決意”について語っています。


あなたが、現実に何かの変化を起こそうとして”決意”するとき、どう いう流れで、どういうことを意識してそれをやらなけらばならないのかを説明しています。これを聴けば、現実を変えるパワーを持った本 物の”決意”と、現実が変わらないどころか、無意識に失敗経験を心に植えつけてしまうニセモノの”決意”の違いがわかるはずです。



実際、僕自身は、かなり意識して、自覚的に決意をすることが多いのですが、意外にもこの、決意というもののパワーをしっかり自覚できてない人が多かったり します。


決意のメカニズム、つまり、心を決めること によって、自分の心の中や現実にどういう変化が起こるのか、を理解し、その上で、決意というものを使いこなすことで、本当に、自分の思い通りに現実を変化 させることができます。


この音源を聴いて、是非ともこのパワーを身につけてください。



また、多くの人が悩む、自分に自信を持てない、自分を信じ られない、ということに対しても、具体的&明確に回答を述べています。さらに、”学び”という観点で人生を俯瞰して みることで、これまで気づけなかったような”人生の真実”が明らかに なります。


ここで語られるメソッドを実践すれば、自分自身との信頼関係を、どんどん良好に変えていける、つまり、自 分に自信を持てるようになっていきます。



セミナー音源 その3
overcome your fears ~恐れを克服する~
43分50秒

『自分で決めたことを自分で実行 できない』とか『過去のパターンを変えるこ とが決断できない』とか、他にも人生の中で直面する、様々な問題、悩み、苦しみの背景には”恐れ”というものがあります。


人は、何かを変えようとするとき、必ず何らかの恐れを感じます。 なぜなら、過去の記憶によってできている今のあなたは、過去のパターンから外れたことをすれば、自分の存在が脅かされる、と受け取ってしまうのです。これ はすべての生命が持つ、『生存本能』『安心・安全欲求』に根ざしたものなので、どんな人であっても避けることはできません。


その”恐れ”というものについて、詳しく解説 しているのがこの音声になります。個人的には、この音声ファイルで語っていることが、オーディオセミナーの核心部 分にもなる気がしています。


もちろん、他のファイルも濃い内容を語っているのですが、僕自身、最近たどり着いた理解が、人生の質というものは、


”恐れ”とどう向き合い、”恐れ”をどのように扱うか、


ということで大きく変わるものだということなんです。



この音声ファイルでは、自分でも気づかないような無意識の恐れに気づくことから、その恐れにどのようなアプローチで向き合っていくのか、


そして、そこから”行動す る勇気”を生み出すためのメソッドを、僕自身が経験したことをもとに、具体例を交えながら解説しています。


僕が、このオーディオセミナー全体の中から、絶対にここだけは自分のものにしてほしい、というパートを一つ挙げるとすれば、この音声になります。


僕自身、人生で直面した二度の絶望の時期(2011年春、2012年年始)で経験した大きな”恐れ”とも、このメソッドを使って向き 合い、克服し ました。それを惜しみなくシェアしています。



セミナー音源 その4
open your mind & release yourself ~オープンになる、自分を解放する~
58分18秒

この音源では、人間の自我の習性(基本プログラム)である『分離』と いうもの、その幻想から解放されるために知っておくべきことを、詳しく語っています。


『分離』というのは、簡単に言えば、他人と自分を別のものとして、自分の心に壁をつくってしまうような意識のはたらきのことです。スゴい人がスゴいことを やっていても、自分の学びとして受け取ることができないのは、これが原因です。また、他人を信じられない、自分のことを信じられない、他人を愛せない、自 分を愛せない、ということの原因でもあります。



この音声を聴きこむことによって、

スピリチュアル でよく言わ れる”ワンネス”とは何なのか?
『与えること』の本質的な意味
他人にどういう扱いを受けようと、あなたの本質は侵されないということ
被害者意識から当事者意識へのシフト
お金からの解放の本当の意味
『天に貯える宝』とは、具体的に何のことか?
本当の意味での豊かさとは?
社会通念によって刷り込まれた『能力の呪縛』とは?

といったことが深く理解できることでしょう。



『分離』という意識から解放されると、他人に対して『与える』という ことが自分の喜びに直結するようになります。そうなったとき、あなたの周りには、あなたのことを好きだという人ばかりが集まってくることになります。そう やってできあがる、あなたを中心にしたあなたの”縁”というものが、あなたの夢を実現するために、強力に働いてく れるようになります。


このパートで語っていることを理解できたとき、あなたの”現実”の変 化は一気に加速することになります。事実、僕自身がそうでしたし、世の中の数々の成功者たちもみな同じことを語っています。



セミナー音源 その5
make yourself active ~行動する自分を創る~
60分35秒

この音声ファイルでは、いよいよ、あなたのセルフイメージや現実を、直接変えるために必要な、”行動”というものについて語っていきます。


”行動”すれば現実が変わる、ということは 理解できると思いますが、実は、行動することは、セルフイメージを書き換えるためにも、絶対に必要不可欠なものなのです。


僕はブログなどでもよく、”願望を実現するために必要なのは、明確な意図を持った行 動だ”といったことを語るのですが、その、” 明確な意図を持った行動”とは、一体どういう行動のことを言うのか、を詳しく語っています。



『どういう意図を持ってどういう行動をとるのか?』が、 あなたという人間の在り方、セルフイメージを決定する、ということにもつながっていきます。

あなたが普段無意識のうちに繰り返している行動習慣が、あなた という人がどういう人間であるのか、そして、あなたがどういう人生を歩むのかを決めている、ということです。


これを聴けば、なぜ、僕が”直感的な行動”を繰り返しながらも、着実 に、自分の望み通りの方向に、現実を変化させてくることが出来たのかがわかるはずです。これは、言葉を変えると、『意図的にシンクロニシティを起こす方法』とも言えます。



また、ここでは、僕自身が過去に克服してきたコンプレックス、人前で話せない、人とうまく関係が築けない、コミュニケーションに自 信がない、といったことを、どのようにして克服してきたのか、ということも包み隠さず話しています。


実際の具体例なので、決意と恐れの克服、そして行動によってセルフイメージや現実を変えていくプロセスというものがよくわかると思います。



また、ここでは”セルフイメージ”を書き換えるために、クリアリング メソッドや瞑想なんかよりも、ずっと効果的な◯◯◯についても語っています。僕も会社を辞めたタイミングでこれを実践することで、驚くほどに自分のセルフ イメージを書き換えることができ、同時に現実にも変化を起こせました。


さらに、この音源の後半では、『引き寄せの法則』をネタに本を書いたりセミナーをしたりする人たちが、決して語らないような『引き寄せの法則』の裏話を 語っています。


あまりにも『当たり前』で『現実的』過ぎて夢がなくなっちゃうかもしれません。


まあでも、夢から覚めることが『覚醒』ですからね。



以上が、セミナー本編内容になります。

ここまでの音声を聴き込んで、あなた自身の中にしっかりと落とし込むだけでも、あなたの人生は確実に、しかもあなたが望む方向へと変わっていくでしょう。




>>>セルフイメージを書き換え、現実を変えるオーディオセミナー、【Make Yourself Active ~行動する自分を創る~】引き寄せの法則、超実践的メソッド!









より以前の記事一覧

無料ブログはココログ

おすすめ人気サイト